みきみに@アフリカの徒然日記

官僚を辞め、NGO職員としてアフリカ駐在中。読んで心穏やかになる記事を書いていきたい。

両親への感謝を伝えていますか

好きな時間は自分だけでは作れない、

まさに転職の時に痛感したこと。

転職をすると決めてから、2年間一人暮らしをした家を引きあげ、実家に戻った。

転職後の給料をかんがえるとその家は高かったし、激務の職場だったから高くても職場の近くに住んでいたけどもうそこまでする必要もないし、かといって引っ越してもまた海外にでるから費用がかなりもったいないし、、などの理由で。

そして実家に戻り、転職活動。実は次の職場が決まっていなかったけれど前職を辞めた。

休みがとれず満足に転職活動もできなかったこと、が主な理由。

つまり本当に無職の期間があった。

兄弟にはふざけて「ニート」とか呼ばれていたけれど

お母さんは「ずっと実家にいられても困るんだけど!笑」と、それはもう娘の将来が心配だっただろうけど、明るく、冗談みたいに軽く言って、応援してくれる。

そんなことを聞いたお父さんは「何かがあったときに、いつでも戻ってこれるように家(家族)っていうのはあるものなんだ」と真剣に話してくれる。

本当に本当にありがとう

何度も心の中で言った。

でもその場では恥ずかしくて、その場の流れに合わせるように、照れ笑いすることしかできなかった。

今年は母の日も父の日も、遠く離れたアフリカにいるけれど、次に会えたときに何回分もありがとうの気持ちを伝える食事をしよう。

そして、いつか自分も、子どもが好きな時間を過ごすことができる環境をつくることのできる、そんな家庭を築きたい。