みきみに@アフリカの徒然日記

官僚を辞め、NGO職員としてアフリカ駐在中。試行錯誤する日々を気ままに記録

就活で、そして日々大切にすべき3つのこと

こんばんは、今日はどんな1日をお過ごしでしょうか。

前回は転職までの経緯をあくまでざっくりまとめましたが、今回から1ステップずつ書いていきたいと思います。

まずは、NGOの活動に関心があったのに、なぜ国家公務員を選んだのか、です。

ここから、就活のヒントはもちろんのこと、好きな時間を過ごすためのヒントも探れればと思います。どれも就活していた当時の自分に、今だから言いたいことです。

そもそもなぜNGOの活動に関心があったのか。

これはもう論理的には説明できないのですが、黒柳徹子さんの「トットちゃんとトットちゃんたち」を読んだときに「紛争や貧困でご飯も満足に食べられないような人がたくさんいるんだ」と単純に衝撃を受けたことがきっかけでした。なんとかならないものかという思いが、どこか心の中にずっとあったり、それにつられて自分の目や耳や頭に、関連する情報が自然とのこっていったりしたのが、長い間関心をもてた理由だと思います。そんなものです。

なぜNGOの活動への思いがあったのに国家公務員を選んだのか。

単純に言えば、面接を受けて色々な話を聞くうちに、「ここで働いてみたい!」と強く思ったからです。

国家公務員にも色々ありますが、私は紛争地域の支援に関心があり、そんな仕事ができる場所を選びました。もちろん膨大な業務があるなかで、ずっとそれに関わることができるわけではありません。でもその他の業務も「やりがいがある!」と思って選びました。「いわゆる国際協力なんて、先進国も貧乏になっていくなかで長続きしないのでは。他の業務もできる場所がよいかもしれない」という考えや、「自分の育った、また大好きな家族のいる日本ために働くのもやりがいがあるのでは」という考えがありました。

就活が終わって進路を決めたときには、友人には「就職先、そこを選ぶなんて意外!」と言われましたが、自分的には自分で納得して決めた、と自信満々でした。

公務員以外には就活をしたのか

国家公務員以外には、国際協力系の独立行政法人だけを受けました。でも最終的には公務員を選びました。なぜかというと、選んだ省では「紛争地での支援活動」ができて、選ばなかった独立行政法人ではそれができないと思ったからです。あとは先程と重複しますが、「日本のために働く方がやりがいのある時もまもなくくる」だろうという考えからです。

他にも広く合同説明会やらなんやらいったのですが、ここで働きたい!とピンとくるところがありませんでした。

就活をしていた当時の自分に言いたいこと

1 もっと自分の好き!もっと知りたい!やりたい!を大事にしろ!
2 先のことを考えすぎるな!
3 そのかわり、直感をしっかり頭で分析しろ!

1 もっと自分の好き!もっと知りたい!やりたい!を大事にしろ!

もともと本がきっかけで関心を持ち、それ以降何となくずっと興味が湧いていた分野(紛争地の支援)に少しでも焦点を当てていたのはよかったと思います。結局最初の職場も、今も職場も、それが一番自分が入り込めます。

あとは他の職場に「ピンとこなかった」というのも大切にして良かったです。結局転職の時も他の職場は全く選択肢にありませんでした。

2 先のことを考えすぎるな!

「日本のために働く方がやりがいのある日がくるはずだ」なんて単なる「先を読んでる風」の一般論です。そんなの本当か分からない。たとえそうなったとしても「じゃあ本当に自分がそれをしたいか」なんてその時になってみないと分からないし、少なくとも「自分はそうなる」なんて確信があったわけでも全くなかった。

このあたりからやっぱり選択が狂っています。職場のある一部分にひかれたのはいいけれど、それ以外の要素を無理に正当化しているだけです。

そのかわり、直感をしっかり頭で分析しろ!

自分がこれは「直感的にも好きだ/嫌いだ、やりたい/やりたくない」と思ったときにもちゃんと向き合ってみてください。意外と「やりたい」と思い込んでいたものでも、素直な思いじゃなかったりすることが、多々あると思います。

このあたり、伝えにくいのでいきなりとんだ例を出しますが、「この人と付き合いたい!」と思ったとして、「説明できないけどやっぱり好き!」って場合もあれば、意外と考えてみると「他に自分のことを受け入れてくれる人がいないからしがみついているだけ」のこともありますよね。

でもこの差って自分でも他人でもしっかり気づくのが難しいことも多いと思います。だからこそ意識的に自分の心に浮かんだ思いに向き合うのが大事かなと思っています。


今だからこのようにまとめていますが、例えば、「友達はここを受ける/受かった」「そろそろ決めないと浪人だ」みたいないろんな考えも浮かぶはずだし、「内々定の連絡もらったはいいけど明日には返事しなきゃ!」みたいなこともありますよね。

今となっては薄れているけれど自分も持っていたであろうこのような考えを、無視して考えることは理想的過ぎる気もするので、このあたりも徐々に触れていけたらと思います。

今日のところは、

1 もっと自分の好き!もっと知りたい!やりたい!を大事にしろ!
2 先のことを考えすぎるな!
3 そのかわり、直感をしっかり頭で分析しろ!

の3つを当時の自分に伝えたいこととして記録しておきます。

これって進路に限らず、次の1時間の過ごし方にも当てはまる。日々意識して好きな時間を過ごせますように。

それでは、よい一日になりますように!