みきみに@アフリカの徒然日記

官僚を辞め、NGO職員としてアフリカ駐在中。試行錯誤する日々を気ままに記録

国家公務員からNGO職員へ ー転職までの経緯ー

こんばんは、今日はどんな1日をお過ごしでしょうか。

今回は、転職するまでの経緯を簡単にまとめます。あくまでも経緯のみで、詳細はこれから徐々に書いていけたらと思います。

今の生活、「別に良い」けど「好き」でもない。それをどう「好き」に変えていくか、少しでもあたたかなヒントをこれから提供していけたら嬉しいです。

**

2014年4月、就職活動をしました。
視野が狭かった当時、もともとNGOでの活動に関心があったものの新卒でNGOという選択肢が頭にほぼなく、民間や公務員ばかりを検討していました。

**

その年の7月、国家公務員の内定が決まり、最後の最後まで進路に迷ったものの、この道にすすむことに決めました。

当時は自分でも納得して選択したんだったな。

**

2015年4月、国家公務員として働きはじめました。最初は研修なども多く、わくわくしながら過ごしていたのを覚えています。仕事の愚痴をいう先輩をみては、「自分はこうやって愚痴は言いたくない」と思っていました。

**

でも、9月ごろには、通勤電車の中で「仕事 やめたい」と検索していました。何となく、プライドがあったのか、他の人には愚痴は言わないようにしようと意識していたけれど。

仕事はとっても忙しく、平日は家に帰っても寝るだけ。加えて、そもそも仕事自体にも納得できなかった部分が多かったのが、こうやって検索するまでになった要因だと思っています。

**

2016年4月、部署の異動で希望の課に配属になり、また少し仕事を楽しめるようになりました。

でも、また結局、仕事やめたいなーって考えも浮かぶことも増えました。

**

2017年3月、仕事でやっぱりどうしても納得できないことが増え、4月には体調も崩すようになりました。

**

5月には転職を決意し、次の就職先が決まっていないまま、仕事をやめました。

**

5月中旬から本格的に転職活動をし始め、
7月からNGOで働いています。

**

こうやって振り返ると、転職までの2年間はあんまり良いことがなかったように思えてしまう。職場の人に感謝したいこともたくさんあるはずなのに。

なぜ最初の職場を選んだのか、何が納得いかなかったのか、どのように転職先を決めたのか、、など少しずつ振りかえっていきたいと思います。

当時の自分、支えてくれた回りの人に話すように気軽に書いていくことを心がけたい。

それでは、明日もよい一日でありますように!